PureTechガソリンエンジン

コンパクトで軽量、かつパワフルなガソリンエンジン

環境性能の向上のためのダウンサイジング戦略のもと、PureTechガソリンエンジンを開発しました。

クリーンエンジン

エンジンのコンパクト・軽量化に加え、画期的な低摩擦材を取り入れ、優れた燃費と排出ガスのクリーン化を実現しました。

効率性とインテリジェンス

効率を最大限に高めるため、すべてのPureTechガソリンエンジンに、直噴ガソリンエンジンの微粒子排出物を効率良く処理する最新のGPF (ガソリン・パティキュレート・フィルター)を採用しました。

 
エンジンをかけると自動的に作動するGPF技術で、多量の粒子状物質の処理効率が75%以上アップします。

PureTechガソリンエンジンは、ターボチャージャー付き3気筒および4気筒の2タイプ。2020年適用予定の欧州排出ガス規制EURO6.2への対応をすでに完了しています。

パワフルで優れた効率性が特長の4気筒ガソリンエンジン、PureTech 180〔最高出力:133kW(180ps)/5,500rpm〕とPureTech 225〔最高出力:165kW(225ps)/5,500rpm〕は、新世代の高性能ターボチャージャーを搭載しています。 DS 7 CROSSBACK Grand Chicは、PureTech 225をDSで初めて搭載したモデルです。

3気筒のPureTech 110〔最高出力:81kW(110ps)/5,500rpm〕とPureTech 130〔最高出力:96kW(130ps)/5,500rpm〕のガソリンエンジンは、よりコンパクトで軽量です。燃費を100kmあたり1.5ℓ 削減するとともに、同じパワーの4気筒エンジンと比較して、CO2排出を25%削減しています※。さらに、静粛性による快適さ、優れた回頭性による機敏なハンドリング性能も実現しています。PureTech 110は、DS 3に搭載されています。

※欧州参考値

2018 Engines

ストップ&スタート

1.2ℓ PureTech 3気筒ターボ付きガソリンエンジンは、「インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤ-2018(1.0-1.4ℓ 部門)」を受賞。2015年~2017年に続き、4年連続の受賞となりました。このエンジンはDS 3に搭載されており、最新の欧州排出ガス規制EURO6.2にも適応しています。

DSのPureTechガソリンエンジンとBlueHDiディーゼルエンジンすべてに、信号待ちなどの停車時に自動的にエンジンを停止、再始動するストップ&スタートテクノロジーを導入。市街地走行におけるCO2排出量を大幅に削減します。