Array

DREAM CAR

DS X E-TENSE

OUR DREAM FOR 2035

「羽根のように軽やかで」、「そよ風のように静か」――クリエイターたちが熱く思い描いた、車に情熱をそそぐ人のための車

新技術によって、ボディは衝撃を受けても元の形状に戻ることができ、フロントディスプレイには路面状況が表示されます。DS LIGHT VEILにより、ライトの明るさは、乗る人、車、周囲の状況に合わせて調節されます。また、冷却機能も優れており、外部環境、乗員にあわせて適切な車内温度に調整されます。

アシンメトリーのDS X E-TENSE

2035年のドリームカーを思い描いた結果、DS Automobilesは、非対称の3人乗りというコンセプトを生み出しました。 このコンセプトは、2つの車を1つにするというユニークな組み合わせから生まれたもので、オーナーは、その場に応じたドライビングモードを選ぶことができます。

感動的なテクノロジー

全電動型のDS X E-TENSEの電源として選ばれた、前輪の内側に組み込まれた2台のモーターは、抜群のレスポンスを実現します。道路上での最大出力は400kW (540馬力)に達し、「サーキット」モードでは1,000kW(1,360 馬力)にまで上昇します。ドライバーは、DSのFormula Eプログラムを支える技術チーム「DS Performance」が設計したサスペンションの、非凡なパフォーマンスを堪能することができます。カーボンファイバー製シャーシは、画期的なスプリングとトーションバーの上に設置されています。また、トラクション、グリップ、減速は、道路表面がどのような状態でも最適なパフォーマンスを発揮できるように考えられた、最新の作動システムで制御されています。

まったく新しい体験

カーボンファイバー/レザーで仕上げたバタフライドアから運転席に乗り込むと、視線は自然と一人掛けシートのピラミッド型の造作に引きつけられます。身体をしっかり固定するレーシングカーのシートのように、ドライバーの体がぴたりと収まる構造になっています。ハンドルは、常に車への情熱を示してきた象徴としてふさわしく、レザー、ウッド、メタルが絶妙に施されています。ミレニアム・ブルーとネイビー・ブルーのツートンカラーのアニリンレザーは、DSのトレードマークである「パールトップ・ステッチ」仕上げです。これらの特徴だけで、運転席に乗り込めば唯一無二の体験への期待が高まり、ドライバーは車を発進させる前からアドレナリンをほとばしらせるでしょう。

落ち着くコクーン

ガルウィングドア(両側はね上げドア)から車内のコクーン(個室空間)に入れば、ドライバーも同乗者も、外界から隔てられた車内の人となります。この非対称のレイアウトによって、クリアガラスのキャノピーの下には、それぞれ異なるタイプの別個の空間が生まれます。乗る人は心地良いカプセルに包まれ、通気性の良いマッサージシートで寛ぐことができます。シートは鳥が羽根を広げたように後ろに伸び、背面上部にウミシダのモチーフが配されています。タッチのみで操作が完結する自動運転モードでの走行は、極上の体験です。音楽を聴く喜びに浸ることのできる、臨場感あふれる音響のバブルのような内部空間は、この車の核といえる部分です。ダッシュボードは曲を流す装置に変貌を遂げ、リアルタイムで調整される音の束が、リスナーをそのあらゆる動きに合わせながら追いかけます。

夢の実現

DS X E-TENSEは、初走行でパトルイユ・ド・フランス(フランス空軍の飛行隊)に対面しました。

The First Tour

パトルイユ・ド・フランス(フランス空軍の飛行隊)と対面したDS X E-TENSE初走行の様子を動画でご覧ください。