SAVOIR-FAIRE サヴォア・フェール

DS オートモビルはパリ生まれのクルマブランド。アトリエでは男女を問わず情熱的なスタッフがフランスの美学「サヴォア・フェール(匠の技)」を大切にしながら強いこだわりをもちつづけ、妥協のないデザイン開発を行っています。

オートクチュールの世界 最高級の素材


DSの自動車づくりは、職人たちのイノベーションと創意工夫が欠かせません。商品開発には専門技術のノウハウ、フランスの美学「サヴォアフェール(匠の技)」、高品質な素材、オートクチュールによるエレガントな仕上げが凝縮されています。DSのクルマはどのモデルも個性的で、こだわり抜いたデザイン、これまでになかったクルマを作り出す喜びがあふれています。そして、極上の快適性を提供しています。

パールトップステッチ

オートクチュールの技法からインスピレーションを受けて、DSの職人たちが完成させた「パールトップステッチ」が、優雅で繊細なディテールに加わりました。これは技術的にかなり難しいものでした。レザー表面にわずかなトップを見せると、糸はすぐに見えなくなり、真珠のネックレスのようなリズムを与えるこのステッチの実現に、4年を超える努力と特殊な機械の開発を要しました。それは自動車業界においてはユニークなプロセスで、すぐにDS Automobilesの揺るぎないシグネチャーとなったのです。

 

現代的な装飾デザインを手掛けるインヴェニオ・フロリ(Invenio Flory)社のご厚意により、そのスタジオでのビデオ撮影が実現しました:https://invenioflory.fr

※仏語のみとなります。

ギョーシェ彫りによる「クル・ド・パリ」文様

優雅に波打つような起伏とライン、目を見張るような技巧。高級時計の製造技術によって生み出される、ギョーシェ彫りの「クル・ド・パリ」文様は、ルーヴル宮殿のピラミッドからインスピレーションを受けた、ピラミッド型の尖った小さなヘッドが、十字に交差するよう配列され、光と影の中で洗練された相互作用を映し出します。「光の都」とも呼ばれるパリに敬意を表し、このメタリックの彫刻モチーフが、DS車の表面を匠のこだわりと複雑な技巧で飾り上げています。

ウォッチストラップデザインの車内装飾

なめし革を使った根気のいるフォルムやパターン作り、そして革を折り込む並外れたサヴォアフェールが、シートを飾るウォッチストラップデザイン、DSのアイコンとされるレザーシートに結実しています。たった1枚の革をDSの主任革職人がトリミングし、詰め物を入れ、折り畳んで、世界にひとつしかない作品、アヴァンギャルド精神の証を完成させます。元々はDS Automobilesのコンセプトカー向けに開発されたデザインですが、今や、各DS車モデルの内装を飾る特徴となっています。

極上を育むために


DSの技術とノウハウを駆使し、新しいクルマを生み出す場として、コンセプトカーの開発はDSチームにとって絶好の機会です。新たな素材やテクノロジーをテストし、名高い職人たちとのパートナーシップを築き、革新的で最上のドライビング体験を新たに生み出しています。

未来にむけて

コンセプトカーを開発するとき、DSのエンジニアと職人たちはパリの高級品の世界からインスピレーションを得て、未来の技術を描き出しています。もちろん、美へのこだわり、鋭い感覚をもって特別なクルマに仕上げるようにしています。最新デザインのコンセプトカー「DSエアロスポーツラウンジ」は、DS Automobilesの未来への道を開くものです。クルマ自体がインテリジェントな空間となり、カスタマイズ可能な、コネクティビティーも備えた先進的なスペースを提供します。

妥協のないこだわりの品質


DSオートモビルのアトリエで働く職人(革職人、デザイナー、熟練工、エキスパート)、そしてエンジニアは素材を熟知し、技術力を高めることで、あらゆるディテールと仕上げを精緻に整え、機能的でありながら洗練された商品を開発しています。完全な手作業による装飾の中には、DSブランドを象徴するシグネチャーとなったものもあり、彼らの技術と努力により、DSオートモビルが目指すこれまでになかったラグジュアリーなクルマを生み出しています。

すべてに息づくサヴォア・フェール

DSオートモビルの商品開発が最高品質の素材と最も繊細な技巧によって行われているとすれば、お客様体験も同様に最高レベルを目指しています。

お客様から寄せられたご意見や体験はニーズや状況がどんなものであっても常にお客様を中心に カスタマイズを行い、最適なサービス、サポートを提供しています。