2020年EURO 6.2世界統一排出ガス・燃費試験規則(WLTP)の排出基準に適合する、当社先進技術によるエンジン

汚染排出と温室効果ガスの削減で定評あるノウハウを持つDS Automobilesは、常に先陣を切って重要テクノロジーを導入しています。
 
当社最新車種に搭載されているPureTechガソリンエンジンとBlueHDiディーゼルエンジンがその証です。有害排出物については、2020年に発効するEURO 6.2基準を満たすための準備がすでに行われています。

当ブランドのモデルは、世界統一排出ガス・燃費試験規則(WLTP)の一部として評価される、もっとも厳しいEURO 6.2排出基準の閾値に適合している点で、時代をリードしています。

汚染排出に関する型式認定の要求水準が高まることで、自動車メーカーは、エンジンについて根本的に再考することを余儀なくされています。この新規制の目的は以下の通りです:

• 気候変動の要因となっている温室効果ガスの大半を占めるCO2排出量を削減する
• 顧客が実際の燃料消費量をより正確に計算できるようにする
• 実際の条件下で型式認定試験を行う

この新基準に適合するため、DS Automobilesは、BlueHDiディーゼルエンジンの新型窒素酸化物(NOx)処理システムやPureTech直噴ガソリンエンジンの独自の微粒子フィルター等、より効率的な汚染防止技術に投資を行なってイノベーションを起こしています。