DS AUTOMOBILES、パリ・コレクション®スタイルを発表

2019年6月18日 パリ

パリ・コレクション®とオートクチュールイベントの一環として、Fédération de la Haute Couture et de la Mode(フランスオートクチュール・プレタポルテ連合協会)とのパートナーシップを発表することを嬉しく思います。

 

ファッション業界も我々も、スタイルや素材に情熱を注いでいます。6月18日から、パリ・コレクション®のロゴを気高く掲げるDS AutomobilesのDS 7 CROSSBACKのSUVが、ファッションの都パリを巡るジャーナリストやインフルエンサー、タレントの方々を送迎します。

ファッションに対する深い情熱

DS Automobilesの社員の誰もが、ファッションにも深い情熱を持っています。これまでの伝統や慣習と、斬新さや新たな素材を織り交ぜながら色々な方法を試みて、全く新しい境地を切り拓いていくことは、同じクリエイティブな世界で共鳴するものです。

 

ドリームカーDS X E-TENSEの運転席を彩る染色フェザーの立体的なデザインの開発。DS独自の「パール」トップステッチの縫製。DS 7 CROSSBACKを彩る「クル・ド・パリのギョーシェ彫り」の装飾と、操作ボタンのクリスタルのはめ込みデザイン。これらはすべて、伝統とスタイル、経験、そして革新的なデザイナーを融合するファッションの世界と通ずるものづくりの賜物です。

 

「2015年のDSブランドの創設以来、我々は独特でクリエイティブなインテリアに重きを置いて、まるでオートクチュールメーカーのように創り出してきました」と、DS AutomobilesのCEOイヴ・ボヌフォンは述べています。「様々な素材を組み合わせてDS 3 CROSSBACKとDS 7 CROSSBACKの内装を形にしているのは、フランス国家最優秀職人賞の受賞者です。彼らは、自動車市場の既存のものに全くとらわれない確固たる発想で、新たなソリューションをもたらし、革新しています。ですから、次回のパリ・コレクション®に向けてフランスオートクチュール・プレタポルテ連合協会と密に連携できることは、我々にとって大きな喜びです。私たちはクリエイティブなプロセスの当初から卓越したフランス企業と経験を共有してきましたが、これはその新たな機会でもあります」

このパートナーシップは、環境により配慮したパリ・コレクション®を目指すフランスオートクチュール・プレタポルテ連合協会の新たな実践的な活動と問題提起を促進するものです。

 

DSはE-TENSEシグネチャーの下、セグメント初の完全電動モデルDS 3 CROSSBACK E-TENSEや、300馬力の充電式ハイブリッドエンジンを搭載したDS 7 CROSSBACK E-TENSE 4x4など、ラインナップ全体の電動化を既に進めています。後者は58kmのゼロ・エミッション走行を実現するとともに、新しい燃費基準WLTPに基づいて排気に含まれるCO2を1kmあたり31グラムに抑えています。2025年以降、DSの新モデルはすべて電気自動車になる予定です。