パリのアンヴァリッドにおいてDS 7 CROSSBACKを大々的に紹介

2018年1月31日から2月4日までパリで開催される第33回国際自動車フェスティバルにDS 7 CROSSBACKが出展されることとなりました。会場には、エマニュエル・マクロン第25代フランス大統領の就任式のために特別にデザインされた究極の車、プレジデンシャルDS 7 CROSSBACKも登場します。フランスのサヴォアフェール(匠の技)の素晴らしさを喧伝するこの大統領専用モデルに加え、他のDS 7 CROSSBACKの紹介と市内試乗も予定されています。来場者は、DSオペラ仕様のDS 7 CROSSBACKまたはDS Performance Line仕様のDS 7 CROSSBACKのいずれかを運転することができます。

国際自動車フェスティバルは、33回目を迎える今年もパリの中心部にある一流ホテル、オテル・デ・ザンヴァリッド(別名アンヴァリッド)で開催されます(開催期間は2018年1月31日から2月4日まで)。これは、自動車のためのファッションウィークとして開催される特別なイベントで、長い歴史を誇ります。会場にはさまざまな名車が一堂に集まり、ライトなファンからマニアまで、老いも若きも、美しい車を愛する自動車ファンならば誰もが心から楽しむことができます。今年は、DS Automobilesの中核的テーマとも言える「フランスのサヴォアフェールの素晴らしさ」を伝える唯一無二の車、プレジデンシャルDS 7 CROSSBACKも鑑賞することができます。

また、DS 7 CROSSBACKに試乗し、DS Performance Line仕様やDSオペラ仕様の内装をご自身の目で確かめることもできます。パリ市内を走る特別試乗では、この新型SUVのトライアウトにも挑戦できます。短い時間ではありますが、製造に携わったデザイナーやクリエイター、エキスパート、エンジニアや現場スタッフがこのDS第2世代のトップバターに如何に高い基準を設定しているか、直接感じて頂くことができるはずです。洗練されたハイテク・グローバルモデル世代を是非ご堪能下さい。

プレジデンシャルDS 7 CROSSBACKを間近で鑑賞できる稀有な機会
プレジデンシャルDS 7 CROSSBACKは、フランス第五共和政の大統領車を提供してきたDS/SMの伝統を讃えるモデルです。第25代フランス大統領の就任式のために特別にデザインされたただ一つの車として、2017年5月14日の式典当日、エマニュエル・マクロン大統領を乗せて初めて公道を走りました。
インクブルーのプレジデンシャルDS 7 CROSSBACKは、特注のオープンルーフ、両サイドと国旗ホルダーにあしらった「French Republic」のシグネチャーなど、他のモデルにはない仕上げが随所に施された特別仕様になっています。
インテリアは「アートレザー」と呼ばれるブラックレザー仕様。金箔細工で名を馳せるパリのアトリエ・モーリーがデザイン・制作した「Toile de Laque」装飾をあしらうことで、その美しさを一層引き立てています。サイドミラーカバーや20インチホイールにも繊細なゴールドの装飾がさりげなくあしらわれ、アクセントとなっています。
また、スタンダードモデルに搭載されているハイテク装備は、大統領専用車にもすべて搭載されています。

革新的なパリのサヴォアフェールを伝えるDS 7 CROSSBACK
DSの第2世代モデルのトップバッターとして登場したDS 7 CROSSBACK。先進技術が詰め込まれ、すべてにおいて洗練されたディテールが散りばめられたカリスマ的なデザインに加え、性能の高さが伝わる静かで快適な走りを実現しました。自動車業界においてフランスのイノベーションとラグジュアリーなサヴォアフェールの素晴らしさを体現するというブランドの野心を反映した作りになっています。
その力強い官能的なラインや20インチホイール、プレスラインが走る長いボンネットなど、SUVに欠かせない特徴をすべて備えたDS 7 CROSSBACK。その垂直にそそり立つスタイリッシュなフロントエンドがこの車の高級感、性能の高さとカリスマ性を見事に表現しています。
DSのアバンギャルドなスタイリングの鍵を握るシグネチャーライトは、DS Automobilesの最新コンセプトカー、DS E-TENSEのライトから直接インスピレーションを受けています。「DSアクティブLEDビジョン」と呼ばれるヘッドライトには、宝石のようなカッティングが施されたLEDモジュールが内蔵され、効率性を向上するとともに魅惑的な印象を演出しています。また、後部には2つの一体型ライトが配置され、鱗状の光の層によって独特の奥行き感を生み出しています。
内装は、あらゆる好みと希望に応えるため、モダンでシックなスタイルバリエーションを5種類用意しています。このうち4つは、「DSバスティーユ」、「DSリヴォリ」、「DSオペラ」、「DSフォーブール」と、DSブランド誕生の地であるパリに因んだ名前が付けられています。残りの1つは「DS Performance Line」と呼ばれるスポーティな内装仕上げになっています。クラフツマンシップの伝統を尊重し、1つ1つの細部にこだわり、高級素材のみを厳選して丁寧に作り上げた内装は、孤高の存在感を放つものとなりました。
ユニークなデザインと最先端テクノロジーが融合したDS 7 CROSSBACKには、自律走行への道を開く「DSコネクテッド パイロット」、21世紀のサスペンションシステムとしてDSが開発した「DSアクティブ スキャン サスペンション」、夜の走行でも視認性の高い「DSナイトビジョン」など、クラス限定のさまざまなイノベーションが搭載されています。