『シャンティイ・アート & エレガンス・リシャール・ミル 2017』:
DS Automobiles 初のプレジデンシャル(大統領専用)エディションをプレビュー

歴史あるシャトーを中心に広がるドメーヌ・ドゥ・シャンティイ(シャンティイ城とその周辺エリア)。この由緒正しい敷地を会場に、「シャンティイ・アート & エレガンス・リシャール・ミル 2017」は今年で4回目を迎えます。DS Automobiles は初回からのパートナーとして、このイベントに総力をあげて参加します。

 

最も美しい車〟を選ぶコンテスト、2016年の『コンクールデレガンス』では、DS ブランドが DS-Tense で最も美しい車に選ばれました。今年の DS ブランドは、フランスの歴史にすでに新たな足跡を加えた、ひときわ異彩を放つユニークなモデル― DS 7 CROSSBACK プレジデンシャル(大統領専用)エディション―をたずさえ、9月10日のコンテストで2連覇を目指します。 DS 7 CROSSBACK のプレゼンテーションでは、パリ出身のファッションデザイナー、エイメリック・フランソワ氏デザインによるドレスとのコラボレーションでゴージャスな演出をさらにグレードアップ。立体的な裁断でボディラインを強調したこのドレスは、「フランス共和国」をテーマにこのイベントのためにデザインしたオリジナルです。そのドレスをまとったモデルと共に DS 7 CROSSBACK が、皆さまの前にお目見えします。コラボレーションのキーワードは、「エレガンス」、そして「アヴァンギャルド」。ドレスも、車も再び、栄冠を勝ち取る意気込みです。

この国際的にも注目度の高い自動車イベントのプレビューで、 DS ブランドは新型 DS 7 CROSSBACK SUV ならびに限定エディション・ローンチモデルである DS 7 CROSSBACK La Première を公開します。アミカーレ DS クラブ連盟および DS ヘリテージの協力でシャンティイ城庭園の芝地の上に一堂に集められた20台あまりのシトロエン DS およびシトロエン SM のクラッシックモデルを、ご来場者はご覧いただけます。 DS と SM のプレジデンシャルエディション4台は、誇るべき伝統のアンバサダーとしてひときわ注目を集めるでしょう。

 

世界の名だたる自動車関係の催事の中でも、いまや評価の高いイベントとして定着しつつある『シャンティイ・アート & エレガンス・リシャール・ミル 2017』。今年は、ドメーヌ・ドゥ・シャンティイで9月10日(土)に開催されます。発足時から参画している DS Automobiles は、第4回目を数える今年もパートナーとしてこのイベントに参加します。今回、 DS ブランドは当イベントの公式移動プロバイダーとなり、この日のために DS 5 モデルを多数ご用意しています。しかしご来場の皆様が1955年以来ずっとDSを牽引し続けてきたアヴァンギャルド精神をとっくりとご堪能いただけるのは、ドメーヌ・ドゥ・シャンティイの敷地内です。

 

DS Automobiles の CEO、イヴ・ボヌフォンは次のように述べています。「『シャンティイ・アート&エレガンス・リシャール・ミル 2017』でのDSのキーワードは、『大統領』です。『コンクールデレガンス』には DS 7 CROSSBACK プレジデンシャル(大統領専用)エディションで出場し、『フランス共和国』というテーマでこの日のためにエイメリック・フランソワ氏がデザインしたドレスと共に皆様の前に登場します。このユニークなコラボレーションには、エレガンス、洗練、そして時代感覚に対する私たちのエスプリ、それに、1955年以来伝説を築き上げてきた DS の歴史を受け継ぐために私たちが追い求め続けるアヴァンギャルド精神が反映されています。イノベーション、それにフランスが誇る卓越した職人の閃きは、私たちが創り出すものすべての核心部分で常に、輝いています。シャンティイでは私たちのこうしたこだわりを存分にご覧いただけます!」

 

DS が登場するプログラム―パレードや、展示、そして特別イベントについては、以降にご紹介します。

DS のプレミアム SUV 、 DS 7 CROSSBACK をコンデ公(ルイ2世)の敷地で大フィーチャー

 

DS 7 CROSSBACK は第25代フランス大統領就任式の大統領用車に選ばれ、5月14日に初めて公にデビューを果たしました。これに続き、当イベントではドメーヌ・ドゥ・シャンティイ内にあるコンデ公の敷地で、 DS 7 CROSSBACK をお披露目します。

 

このモデルのプレジデンシャルバージョンは、パリ出身のファッションデザイナー、エイメリック・フランソワ氏のドレスと共に『コンクールデレガンス』に出場します。このモデルのいくつかのバージョンが『シャンティイ・アート & エレガンス』会場である古城のメインのプロムナードで公開されます。新モデルのカリスマ的デザイン、最先端のテクノロジー、それに最高級素材の優美さと精緻な仕上げの技を融合し研ぎ澄まされたインテリアの全てに行き渡る DS のエンジニアや職人たちのクラフトマンシップを、発売開始よりも数週間早く来場者にご堪能いただきます。誰よりも早くDSの新型SUV のハンドルを握りたい方のために、アヴァンギャルドな心を持つドライバー向けに設計したDS 7 CROSSBACK La Première もプレゼンテーションします。

DS 、SM モデルに続く第五共和制の大統領専用モデル、DS 7 CROSSBACK プレジデンシャルエディション

フランス第五共和制の歴代大統領に仕えた DS、 SM モデルの伝統を DS Automobiles は大切に育み、 DS 7 CROSSBACK 大統領専用モデルに引き継ぎました。シャンティイで行われる DS  ヘリテージのパレードでは、来場者の皆さんと共に DS ブランドの名作モデル4台の歴史を振り返ります。登場するのは、当時は異例の大型車とされた1968年 DS 21 プレジデンシャルエディション、1972年オープントップ型 SM プレジデンシャルエディション、エリゼ宮や首相官邸の中庭で黒塗りのこの DS モデルが勢揃いする様子が印象的だった1972年 DS 21 プレステージ、そして2012年の就任式パレードに使われた Presidential DS 5 の4台です。

 

個性光るモデル、DS 7 CROSSBACK プレジデンシャルエディションもまた、居並ぶレジェンド車と共に展示されます。特別の用途に合わせて考え抜かれたこの特注車は、もはや自動車という枠を超えたアートの領域に。特別仕様のオープントップルーフ、「フランス共和国」の国旗プレートを車体両サイドに埋め込み、国旗ホルダーを装着しています。黒を基調とする「芸術品級のレザー」でまとめたインテリアを引き締めるのは、パリの名門金箔職人集団、アトリエ・モーリーの意匠・制作による金箔をあしらった「Toile de Laque」のポイント使い。ドアミラーのハウジングや、20インチのホイールにさりげなくあしらった金箔細工に、何世紀にもわたって職人が受け継いだフランスが誇る極上の匠の技が光ります。

DS AUTOMOBILES とエイメリック・フランソワ氏:史上最強のコラボ

2016年の『コンクールデレガンス』で優勝に輝いた DS Automobiles とエイメリック・フランソワ。このコンビが、今年の『シャンティイ・アート & エレガンス』で再びクリエイティブなタグを組み、2年連続優勝を目指します。

 

フランス新大統領を乗せてシャンゼリゼ通りの石畳の道を走り抜けた DS 7 CROSSBACK。この車が今回は、「フランス共和国」をテーマにこのイベントのためにデザインしたドレスをまとったモデルと共に、シャンティイのひときわしっとりとした庭園の中を走ります。今回最大級の呼び物と言えるこのドレスは、優雅さと田園地方の休日スタイルをミックスしたテイストとなっています。エイメリック・フランソワ氏の華やかなキャリアを考えたら、一大センセーションが起きるのは必至です! パリ出身のこのクチュリエは、針やファスナー、自在に曲がるリボンなど意表を突くモチーフを多用し、インパクトの強烈なデザインを創り出します。パリやハリウッド黄金時代にインスパイアされた作品を生み出し続けるエイメリック・フランソワの願いは、すべての女性の個性を引き出し、すべての女性をレジェンドにすることです。

DS および SM ファンに囲まれて伝説の名作モデルが集結

フランスならではの美しいスタイルと職人の心意気にこだわり抜いたのは、大統領専用車だけではありません。20世紀を鮮やかに彩った DS および SM モデルの華麗なる DNA がなければ、こんにちの DS ブランドはあり得なかったでしょう。

 

そこで、こうした伝説の名車たちが世に示したアヴァンギャルド精神に敬意を表し、他に類を見ないこの自動車イベントが開かれるシャンティイの芝地に20台を超える DS および SM モデルの実物を展示します。アミカーレ DS クラブ連盟および提携 DS および SM クラブの多大なる協力を得て一堂に集められたクラッシックモデルは、ご来場者にとってこの日のハイライトとなるでしょう。SM の歴代モデル、DS 19、 DS 21、 DS 23、 DSpecial、DS Cabriolet、 DS Coupé などファン垂涎のレジェンドカーがずらり勢揃い。各車のオーナーに会うこともできます。

 

また、シャトーに続くメインのプロムナードには、1968年 DS21 を展示しています。 DS の運転席に乗った写真を撮りたい方は、ご自由にこの車にお乗りいただけます。

 

この日は間違いなく、忘れがたい1日になるでしょう!