DSテチーターが2019/2020 ABB FIAフォーミュラE選手権 に向けてDS E-TENSE FE20を公開

Paris, 10 October 2019

ABB FIAフォーミュラE選手権のチャンピオンであるDSテチーターが、第6シーズンのカーデザインを本日公開しました。

今やお馴染みの2019/2020年シーズンのブラック&ゴールドのカラーリングは、DSテチーターのアイデンティとアイコンをイメージさせるフレームと相まってスポーティーな外観を引き立たせながら、ボディ全体にエレガントさを添えています。

また、選手権を制したテクノロジーにふさわしく2つの月桂冠を描き、フォーミュラE選手権を二度制覇したジャン=エリック・ベルニュのクルマには、彼の2つのドライバータイトルを称える2つのゴールドスターがあしらわれます。DS Automobilesのデザインスタジオが手を加えたこのDS E-TENSE FE20のボディは、かつてない程の大胆さとパフォーマンスの気迫を体現しています。技術的には、選手権を二度制したDS E-TENSE FE19の品質をベースに開発した成果がDS E-TENSE FE20です。

 

グザビエ・メステラン・ピノン(DSパフォーマンスのディレクター):「チームは両方のタイトルを獲得した経験を生かして、クルマのポテンシャルをさらに高めました。我々のエンジニアはクルマを全面的に見直すというよりも、勝利の発想をより発展させることで、多くの要素を最適化しました。エンジンやインバーター、そしてトランスファーケースを進化させただけでなく、組み込まれたシステムの心臓部分を抜本的に変更しました。この貪欲な研究開発はすべて、11月22日にリヤドで開幕する来シーズンの戦いに勝ち、両タイトルを防衛できるクルマをドライバーに用意する目的でなされました。」

キース・スマウト(DSテチーターのチーフ・コマーシャル・オフィサー):「DS E-TENSE FE20は選手権を制したクルマのデザインを一新したものです。輝かしい栄光を称えながらこれからもタイトル争いを続けるために、象徴的なゴールド&ブラックのカラーリングを忠実に継承しました。よく見ると、我がチームのチーターヘッドロゴをパターン化した模様になっています。それはチーター等の大型ネコ科動物を保護するザ・ビッグキャット・サンクチュアリ(The Big Cat Sanctuary)の活動に賛同しサポートする、我々の継続的な取り組みを表しています。これは喫緊のテーマであり、我々にとっても重要な理念です。」