Array

DSテチーターとジャン=エリック・ベルニュ、フォーミュラEのチャンピオンに

ニューヨーク市、2019年7月14日

信じられないようなシーズンを終えたこの日、DSテチーターはチームタイトルを獲得。ジャン=エリック・ベルニュはABB FIAフォーミュラE史上初めて二度目のワールドチャンピオンとなりました。

 

ジャン=エリックはブルックリンのレッドフック地区で神経をすり減らす2レースのバトルを繰り広げた末、落ち着いてゴールラインを通過し、2018/2019 ABB FIAフォーミュラE選手権での優勝を確定しました。

DSテチーターのチームプリンシパルを務めるマーク・プレストンはこう述べています。
「今週末の最終戦は、昨日のコース上のインシデントで最悪の状態からスタートしましたが、今日は最高のフィニッシュを迎えられ、ダブルタイトルを手にすることができました。一度の優勝なら一発屋と言われるかもしれませんが、二度の優勝は至難の業です。これで選手権でのトップランナーとしての我々の地位を確固たるものとすることができました。ジャン=エリック、そしてチームとファクトリーのメンバー全員を心から祝福したいと思います。最終的にモータースポーツはまさにチームスポーツですから。チームというのは油が十分に差された機械のように機能しなければなりませんが、我々のチームはまるで時計のようにうまく回っています」

 

DS Performanceのディレクターであるグザビエ・メステラン・ピノンは次のように述べています。「我々がフォーミュラEに参戦して4年になりますが、ずっと優勝を目標にしてきました。それがとうとう実現し、チャンピオンになったのです!チームタイトルはDSテチーター、ドライバータイトルはジャン=エリック・ベルニュが獲得し、我々は両部門のチャンピオンとなりました。これは歴史的な勝利であり、とても誇りに思います!これだけのすばらしい結果を出すためには、その時々で適材適所であることが重要です。今夜まさにそれが実現しました。これはチーム全体が誇りに思うべきことです!やりました!」

二度のフォーミュラEワールドチャンピオンとなったジャン=エリック・ベルニュは次のように話しています。「全く信じられない思いです。今週末は期待どおりのスタートが切れず、今日の出来も満足できるものではありませんが、それはもうどうでもよいことです。選手権のタイトルを両方とも手にすることができたのですから。ドライバーとして初めて二度のワールドチャンピオンになったことがまだ信じられません。すばらしいチームと陰で支えてくれたスタッフの皆さんに感謝するしかありません。この勝利は我々全員のものです!」

 

アンドレ・ロッテラーはこのように語っています。

「ジャンとDSテチーターチーム全体に本当におめでとうと伝えたいと思います。これまでの自分のモータースポーツキャリアで見たことがないほど、素晴らしいチームです。メンバー全員がこのダブルタイトルの獲得に値します。私がもっと差を広げられたら良かったのですが、今週末は残念な結果に終わりました。そのような時もあります。でも、重要なのは我々がドライバーとチームの両部門でチャンピオンになったことです!」