新ドライバー
アントニオ・フェリックス・ダ・コスタがDSテチーターに加入

Paris, 17 September 2019

DSテチーターは、2019年10月1日にアントニオ・フェリックス・ダ・コスタが当チームに加入することを発表できて大変嬉しく思います。

 

2019年11月22日にリヤドで開幕するABB FIAフォーミュラEチャンピオンシップ第6シーズンは、この28歳のポルトガル人ドライバーが長丁場の全13戦に出場します。

アントニオ・フェリックス・ダ・コスタは、このチャンピオンシップの初年度から参戦を続け、これまで54戦に出場。複数回のポールポジションとポディウムを獲得し、2回の優勝(ブエノスアイレスとリヤド)を果たしています。2018/2019年の昨シーズンは総合6位でフィニッシュしました。

 

グザビエ・メステラン・ピノン(DSパフォーマンス・ディレクター):「アントニオを我がチームに迎えることができてとても嬉しく思います。我々が優勝とタイトルを目指す上で、彼のこの分野での経験とスピードが非常に重要になります。リヤドでの初戦を待つ間、彼はジャン=エリックとともにテストセッションをいくつか行って、DS E-Tense FE 20の改良に力を貸してくれると思います。」

 

アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(DSテチーター・ドライバー):「フォーミュラEのような非常に競争の激しいモータースポーツ・カテゴリーで、チャンピオンシップのダブル優勝を果たしたチームに参加する機会なんて滅多に得られるものではありません。私にとって現在のチームを去ることは非常に難しい決断でした。でも、このチャンスを逃すわけにはいきません。ジャン=エリックやDSテチーターメンバーの仲間に加わることにワクワクしています。」