DS PERFORMANCE

Our sporting division

DS PERFORMANCE

Showcase of our technological know-how

 

2014年のDS Automobiles誕生からほどなくして、私たちは、大胆で革新的なモータースポーツ部門「DS Performance」の創設とともに新たな歴史の1ページを書き記すことになります。

DSブランドのモータースポーツ部門

アバンギャルドな思想で知られるDS Automobilesは、DS Performanceの技術力を携え、唯一のフランスメーカーとして、次節のフォーミュラEに参加します。大会2年目から出場している私たちは、すでに数々の成功を収めていますが、DS E-TENSE FE 19で、ファンの皆さんにさらなる勝利を届けたいと思います。

第2世代のシャーシをベースに開発された新型シングルシーターの特筆すべき点は、ブラックとゴールドのマットなカラーリングだけでなく、DS Performanceのエンジニアたちが実現した、超高速スピードとエネルギー効率です。

フランスのSavoir-faire(サヴォアフェール)、技術へのこだわり

DSブランドのレーシング部門、DS Performanceのミッション。それは、未来のテクノロジーの限界を越え、よりパワフルな電動自動車を作り、最新のイノベーションをレースで検証すること。

DSヴァージン・レーシングが誇る最新のフォーミュラEマシン、DSV-03への技術者の取り組みをご覧ください。

サーキットから道路へ

 

私たちDSブランドが、都会の真ん中で、公害を発生させることなくレースを行うことは、私たちが皆さんと出会い、最高の車を提供することにつながる素晴らしい試みなのです。FIAのフォーミュラE選手権への参加によって、自社のハイブリッド車と電気自動車のための新技術に磨きをかけることが実際に可能になります。このことはとりわけ、DSによるハイブリッド、E-TENSE 4x4エンジンを搭載した初の車両となる新世代型SUV、DS 7 CROSSBACKの場合にも当てはまります。

DS E-TENSE

夢から現実へ

2016年3月にジュネーブ・モーターショーでその姿を初めて披露すると、DS E-TENSEは瞬く間に観衆を魅了しました。完璧に均衡のとれたプロポーション(全長4.72 m、全幅2.08 m、全高1.29 m)を持つDS E-TENSEは、単なるコンセプトカーではありません。実に多くのことを語る車であり、ブランドのスタイルと技術の将来を、視覚的に表現しています。DS E-TENSEはすでに、パリとモナコのePrixに出場しているほか、公道での走行も重ねています。

DS PERFORMANCE LINE

ダイナミックでエレガンスなPERFORMANCE LINEシリーズ

DS PERFORMANCE:チーム

グザビエ・メステラン・ピノン(上): 47歳、フランス人、DS Performanceのディレクター

トマ・シュヴォシェ (下): 37歳、フランス人、テクニカル・ディレクター。

クレール・マニョン (上): 34歳、フランス人、プログラム・マネージャー

ディディエ・ラゾ (下): 41歳、フランス人、システムおよびパワーエレクトロニクス責任者

アドリアン・ダ・クニヤ・ベルヴェス (上): 33歳、フランス人、コミュニケーション&アクティベーション責任者

私たちのパートナー

DS TECHEETAH

メーカーに門戸が開かれて以降、FIAフォーミュラE選手権に参加し続けているDS Automobilesは、2018/19のシーズンからTECHEETAHチームとパートナーシップを組み、シングルシーターの新型DS E-TENSE FE 19で出場します。

Total

DSブランドの長年のパートナーであるトタルが、フォーミュラEでも伴走してくれます。
DS E-TENSE FE 19は、リヨン近郊にあるトタルSolaize研究センター(CReS)のエンジニアが特別に配合したトランスミッション・オイルを活用しています。この製品によってトランスミッションの効率が最適化され、車両の電力消費が抑えられます。