MAISON DS

Héritage

DS HERITAGE

未来的なエレガンス、ピュアなライン、技術的完成度…。1955年のモーターショーで初登場してすぐ、DS19を目にした来場者たちの心は、そろって大きく高鳴りました。永遠の情熱が誕生した瞬間です。

クリエイターたち

「ピエール・ブーランジェ - 時代の予見者」

エンジニアとしての教育を受け、ミシュラン家とシトロエンのCEOに近かった彼は、1938年、VGD(大衆車)プロジェクトを開始し、彼の死から5年後、ようやくDS17が誕生したのです。

フラミニオ・ベルトーニ

芸術家 - 彫刻家

カーデザイナーであり芸術家、才能あふれるイタリア人彫刻家でもある彼は、1932年~1964年の間、シトロエンのデザイン室の責任者でした。流線形をした未来的ラインを持つ、多くのファンに崇拝された20世紀の自動車、すなわちDS19のデザインも彼の手によります。

アンドレ・ルフェーブル

達人的エンジニア

航空機のエンジニアであり、テストパイロットでもあったアンドレ・ルフェーブルは、DS19の設計に、その才能の全てを注ぎ込みました。前輪駆動、エアロダイナミズム、軽量化、重心決定などがDS19を作り上げ、自動車として真の成功を収めたのです。

1950年代 - 栄光の日々

1955年のモーターショー、20世紀後半を象徴する、カルト的人気のオブジェ登場

1955年10月6日、来場者、ジャーナリスト、そして競合メーカーの人々が、呆然とするような驚きと恍惚感をもって目にした車。

他の全ての車を圧倒する、未来的なラインとアヴァンギャルドなテクノロジーが、自動車とデザインの世界に革命をもたらしました。

DS19は初日だけで、12,000台が販売され、10日間にわたったモーターショー最終日までには、確約受注数は約80,000台にもなりました。

世界中を魅了

その車が通り過ぎると、誰もが振り返る…。ハイドロニューマチック・サスペンションの比類ない快適性と、ハイドロアシストブレーキの特筆すべきパワーの秘密を探ろうとして、いたるところでファンが集まりました。

1956年~1959年 世界制覇への大胆な歩み

外国で組立てられ、ほとんどの西側諸国に輸出されたDSは、当時すでにグローバル・ブランドでした。

2つの新型モデル、ひとつはステーションワゴン・タイプで、これまでにない4色と、美観のためのいくつかのマイナーなデザイン変更によっても、その情熱が維持されました。

DSがプレスティージュに

1959年 - 匠の技

色はブラックのみで登場。ドライバー・パーティーション、レザーとファブリック製のグレーのシートには後部座席もあり、インターホン、カーラジオおよび電話もオプションで。DS19プレスティージュはその発売と同時に、偉大な指導者たちの車として認められました。

モンテカルロ・ラリーでの数々の勝利

偉大なツーリングカー、DSは、スポーツカーとしてもトップに

1956年、モンテカルロ・ラリーでDSは、1,300~2,000ccの車両カテゴリー、およびフランスの自動車として最高位、そして一般クラスの7位に入賞。

初参加のときから、DSはその存在感を見せつけました。

一連の勝利は、この後に続いたものです。1959年には、一般クラスで第1位、そして自動車メーカーの世界選手権の勝者となりました。

1966年にはDS21が登場し、優勝という大きなタイトルが再びもたらされ、まさに絶頂期でした。

1960年代:幸福な時代

DSはその先進性で、競合との距離をキープ

新型カブリオレ、新たなモータリゼーション、新装備、新エアロダイナミズム、新機能…。DSを超えることができるのは、DSだけ。

ニューフェースの登場、新たな視線

その2,175cc、109馬力のエンジンによって、DS21は1965年、最高速度175 km/時を達成。1967年には、DSは新しいフロントフェイスをしたモデルを発表し、安全装備におけるイノベーションをもたらしました。それがシリーズとして搭載された、回転式の補助ライトです。これ以降、DSはカーブに差し掛かる前から、その内角を照らし出せるようになったのです。

1969年は、新しいダッシュボードデザイン(3つのラウンドメーターと、その上の大きなひさし)と、機械的に大きなイノベーション、電子制御の燃料噴射装置によるエンジンが登場。DS21は、185km/時を超えました。

DSカブリオレ、特別なスタイル

1960年 - スター誕生

洗練されたデザイン、パーフェクトな仕上がり、レザーシート…。そして1964年から、補助ライトと特別仕様のボディフレームで飾られた、DSカブリオレは、アンリ・シャプロンによるボディ架装の作品です。

深くたっぷりしたシート、背の高い背もたれ、特別仕様のレザーシート。DSパラスはかつてない、最高品質を提供します。

DSパラス - 心を奪う壮麗さ

フランス風ラグジュアリーの美しき後継車

クローム製のプロテクションモールとテールランプ、特別仕様のホイールカバー、そして補助ランプ…。ラグジュアリーを感じさせるほのかな光で照らし出します

DSプレジデンシャル - アンバサダーとして

ド・ゴール大統領がフランスの公用車として選んだ車は、世界中からの偉大な人々を恭しくお迎えし、もてなします。

フランス大統領が注文した特別仕様の豪華な車両は、1969年秋、大統領官邸エリゼ宮に納車されました。

その仕様書ではっきりと要求があった通り、米国大統領の公用車、リンカーンよりも長く作られ、6.53mありました。

1970年代:最高峰を極める

DSは20年にわたって世界に君臨し、1975年7月、誇り高く表舞台から去っていきました。

1970年と1971年におけるDSの進化は、何よりもそのトランスミッションに関するものです。

まず一連の5速マニュアルシフトのギアボックスを、次いでその翌年には、3速のオートマチック・ギアボックスを搭載しました。

1972年には、DS21がDS23(2,347cc、141馬力、ほぼ190km/時)になりました。

これらがDSとしての、ほとんど最後のイノベーションと言えます。多くの人々が、SMをDSの後継車として考えました。

SM

黄金期のシンボル

1970年のジュネーブ・モーターショーで発表されたSMは、世界中が待ち望んでいたフレンチスタイルのGT車です。未来的なライン、DSの品質、そしてV型6気筒エンジン。それはDSの精神を凝縮し、体現した車です。